top of page

障がい者求人 リスティング広告 重要な4つのポイント

障害者求人のリスティング広告をご検討している方へ、リスティング広告を活用して求職者と企業をつなげませんか?


今回は、障害者求人ビジネスがリスティング広告を検討する際のメリットと効果的な運用方法についてご紹介します。


※現在、障がい者求人のリスティング広告を実施している場合でも、現状のCPAに不満をもっている業者様も多いかと思われます。現状のCPAにご不満の場合など、是非お気軽にお問い合わせください。



障がい者求人 リスティング広告
障がい者求人 リスティング広告


1. リスティング広告を活用するメリット


  • ターゲット精度の向上: リスティング広告はターゲット精度が高く、求職者の特性や障害の種類などによるターゲット設定が可能です。特定のニーズに合わせたターゲット設定ができます。 【重要①】一般的に、障がい者求人のリスティング広告を実施した場合に、精神の方からのお問い合わせと、身体の方のお問い合わせとで、成果が大きく異なると思われます。割合として5:5が理想ではありますが、いずれか一方が多い場合は、キーワードの設定等で注意が必要です。

  • 効果的な求人広告表示: リスティング広告は検索エンジンでの上位表示が可能であり、求職者の関心や検索キーワードに合わせて効果的な求人広告を表示できます。

  • コスト効率の向上: リスティング広告はクリック課金型です。効率的に求職者へアプローチすることが可能で、接触率を高めることができます。

2. 効果的なリスティング広告の運用方法


  • キーワード選定: 障害者求人に関連するキーワードを適切に選定し、競合他社と差別化を図ります。障害の種類や求職者のニーズに合わせたキーワードを活用します。 【重要②】除外キーワードの設定、また地域関連キーワードの設定は非常に重要です。多くの場合、主要キーワード「障がい者求人」「障がい者雇用」の2つのキーワードでCVが多くなる傾向にあります。ロングテールのキーワードでもCVを最大化できる様な設計と運用が重要です。


  • 求人広告文の最適化: 魅力的な求人広告文を作成し、企業の特色や福利厚生などをアピールします。求職者の興味を引きつける内容を盛り込みましょう。 【重要③】競合他社と比較した際の広告文設定は、常に確認し、PDCAを回す必要性あると考えます。特に「シーズン」を考慮した広告文は有効です。LPと連動させることでCVRを上げることができると考えます。


  • トラッキング設定: 応募数やクリック数などのデータをトラッキングし、広告の効果を評価します。データに基づいた改善策を実施します。 【重要④】昨今、LINEアカウントへの集客も一般的となってきました。お問い合わせのフォームを増やし、限定することも重要ではありますが、マイクロCVを設定することでCVを増やし、機会学習が有効に働く環境、アカウントにすることも重要かと思われます。


リスティング広告を活用することで、障害者求人ビジネスの求職者と企業のマッチングを効率化することができます。是非、リスティング広告の活用を検討してみてください。

閲覧数:0回

Comments


bottom of page