top of page
  • 執筆者の写真古沢 祥一

遺品整理業者のリスティング広告 重要な6つのポイント

更新日:3月25日

遺品整理業者の皆様、リスティング広告を活用してお問い合わせを増やしませんか?


遺品整理 リスティング広告
遺品整理 リスティング広告

今回は、遺品整理業者がリスティング広告を検討する際のメリットと効果的な運用方法についてご紹介します。


また、代理店に依頼していてもお問い合わせが増えないなどのお悩みがある場合、是非この記事をご覧いただき、お問い合わせを頂ければ幸いです。


=====

1. リスティング広告を活用するメリット


■ターゲット精度の向上:

リスティング広告はターゲット精度が高く、地域やキーワードによるターゲット設定が可能です。遺品整理業者のニーズに合わせたターゲット設定ができます。


【重要ポイント①】

遺品整理関連のキーワードで広告を設定する場合、一般的に「部分一致」とよばれる設定でキーワードを設定することが多く、意図しないキーワードでの広告表示が多くなる傾向にあります。重要なキーワードは「完全一致」で登録し、かつ別キャンペーンで設定するなどの対応が必要です。意図しないキーワードでの広告表示は、無駄な広告クリックとなるため注意が必要です。


【重要ポイント②】

ターゲット設定はキーワードだけではなく、エリア設定も重要です。エリア設定は、キーワードにエリア名を含むキーワード設定の他に、どのエリアに配信するかを詳細に設定し、かつエリア単位で入札をコントロールするなどの対応も必要と考えます。


=====

■効果的な広告表示:

ユーザーの検索意図にマッチした広告を表示することで、効果的な広告表示が実現します。高いクリック率(CTR)が期待できます。


【重要ポイント③】

多くの場合「エリア」を含む広告表示が有効です。地域に特化した広告表示をすることで、クリック率が高くなるだけでなく、CVRも飛躍的に向上します。「エリア」を含む広告文を作成していない場合は注意が必要です。


=====

■コスト効率の向上:

リスティング広告はクリック課金型です。コスト効率の良い広告形式となりますが、効果的な広告運用が可能です。


【重要ポイント④】

入札では、CV最大化、クリックの最大化、拡張クリック単価、などいくつかの入札設定があります。重要なのは「キーワード単位」「キーワード設定」で入札設定を分けることです。


※やみくもに部分一致で設定しクリック単価を低減することだけに注視すると、クリック数は多くなりますがお問い合わせにつながらない可能性があるため注意が必要です。


=====

2. 効果的なリスティング広告の運用方法


■キーワード選定: 遺品整理業者に関連するキーワードを適切に選定し、競合他社と差別化を図ります。地域名やサービス名など、ユーザーの検索意図に合ったキーワードを活用します。


【重要ポイント⑤】

一般的に、「遺品整理」「遺品整理業者」などの一語ワード(単ワード)はクリック単価が高騰する傾向にあります。エリアキーワードを含むミドルワードや、ロングテールキーワードも視野に、完全一致やフレーズ一致で登録することが重要と考えます。


=====

■広告文の最適化: 魅力的な広告文を作成し、特典やキャンペーン情報をうまく組み込むことで、ユーザーの興味を引きます。


→重要ポイント③と重複する内容となりますが「エリア」を考慮した広告文は有効です。


=====

■トラッキング設定: コンバージョンやクリック数などのデータをトラッキングし、広告の効果を評価します。データに基づいた改善策を実施します。


【重要ポイント⑥】

お問い合わせは、お問い合わせフォームの他に、LINEタップ、電話タップなども計測が可能です。お問い合わせフォームからのCV計測では、CV数が少なく「入札をCV最大化」などにしている場合は、機会学習がうまく働かない可能性が高くなります。

可能な限り、マイクロCVも含めたCV設計を検討できればと思います。


=====


リスティング広告を活用することで、遺品整理業者のお問い合わせ増加に繋がります。是非、リスティング広告の活用を検討してみてください。お悩みの場合、お気軽に当社へお問い合わせください。

閲覧数:10回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page