top of page
  • 執筆者の写真古沢 祥一

家庭教師の生徒募集 リスティング広告 重要な5つのポイント

更新日:3月26日

家庭教師業者の皆様、リスティング広告を活用して生徒募集を効率化しませんか?今回は、家庭教師業者がリスティング広告を検討する際のメリットと効果的な運用方法についてご紹介します。


代理店に依頼していてもお問い合わせが増えないなどのお悩みがある場合、是非この記事をご覧いただき、お問い合わせを頂ければ幸いです。


※家庭教師のリスティング広告におけるCPA, ROASは、地域により大きく異なります。現状の目標CPA,目標ROASが適切か否か、迷われている方、是非お気軽にお問い合わせください。


家庭教師 リスティング広告
家庭教師 リスティング広告


■リスティング広告を活用するメリット


①ターゲット精度の向上: リスティング広告はターゲット精度が高く、地域や教科によるターゲット設定が可能です。特定の地域や教科に絞ったターゲット設定ができます。


【重要ポイント①】

家庭教師関連のキーワードで広告を設定する場合、一般的に「部分一致」とよばれる設定でキーワードを設定することが多く、意図しないキーワードでの広告表示が多くなる傾向にあります。重要なキーワードは「完全一致」で登録し、かつ別キャンペーンで設定するなどの対応が必要です。意図しないキーワードでの広告表示は、無駄な広告クリックとなるため注意が必要です。


②生徒獲得の効果的な手段: リスティング広告は検索エンジンでの上位表示が可能であり、生徒獲得に効果的な手段となります。


■競合他社との差別化: キーワードや広告文を工夫することで、競合他社と差別化を図ります。特色やサービスの強みをアピールしましょう。


【重要ポイント②】

ターゲット設定はキーワードだけではなく、エリア設定が非常に重要です。広告費が少ない場合、またトライアルで掲載する場合は、エリア×家庭教師、などのキーワードのみでもよろしいかと考えます。


キーワードにエリア名を含むキーワード設定の他に、どのエリアに配信するかを詳細に設定し、かつエリア単位で入札をコントロールするなどの対応も必要です。


3. 効果的なリスティング広告の運用方法

・キーワード選定: 家庭教師業者に関連するキーワードを適切に選定し、競合他社との差別化を図ります。特定の教科や学年に絞ったキーワードを活用します。


【重要ポイント③】

キーワード設定の際には「部分一致」や「フレーズ一致」で掲載を開始すると、「バイト」「パート」など家庭教師で働くニーズのあるユーザーにも広告が表示されてしまいます。予め除外設定をするなどして対応する必要があります。


また、競合他社検索での広告表示も多くなります。CV(お問い合わせ)が好調であるか否かを確認しつつ、競合他社検索の際の表示をコントロールすべきかと考えます。


④広告文の最適化: 魅力的な広告文を作成し、特色やサービスの強みをアピールします。生徒のニーズに合った広告文を作成しましょう。


【重要ポイント④】

「エリア」を含む広告表示が有効です。地域に特化した広告表示をすることで、クリック率が高くなるだけでなく、CVRも飛躍的に向上します。「エリア」を含む広告文を作成していない場合は注意が必要です。


また、大手家庭教師業者と比較し、優位になる広告文やLPを作成する必要があります。随時、どのキャッチコピーが有効か、またシーズンを考慮した広告文のタイトルを設定すべきかなど、データを分析しつつ調整すべきかと考えます。


⑤トラッキング設定: コンバージョンやクリック数などのデータをトラッキングし、広告の効果を評価します。データに基づいた改善策を実施します。


【重要ポイント⑤】

状況によっては「マイクロコンバージョン」など「フォーム到達(お問い合わせ一歩前)」などをCVとして設定し、どの様なキーワードが有効かを確認しつつ運用することも重要と考えます。CVが少ない場合、機会学習がうまく働かず、効率的に掲載ができないため、「マイクロコンバージョン」の設定も1案として考えられます。


リスティング広告を活用することで、家庭教師業者の生徒募集に効果的な手段となります。是非、リスティング広告の活用を検討してみてください。


閲覧数:0回

Comments


bottom of page